寒くなったら血圧を意識しよう!


朝晩と冷え込む日多くなってきましたが、皆さま体調を崩していませんでしょうか?


私は1年目の薬剤師で服薬指導にも少しずつ慣れ、皆さまとのコミュニケーションを楽しむ余裕が出てきました:beginner:
その中でも最近、「寒くなってきたので血圧が高めかな」という声が多くなってきたように感じます。


なぜ寒くなると血圧が上がりやすくなるのでしょうか。
それは、寒くなると体温を逃がさないように血管が収縮するため血圧が上がりやすくなるからです。
また、寒くなってきたこの時期は温度変化も大きくなり血管への負担も大きくなり、血管が詰まる病気のリスクが高くなるとも言われています。:ahhh:


そこで今回は温度変化が最も大きいと言われる入浴時のポイントをご紹介します:)


:leaf:脱衣所と浴室を温める
暖かいリビングから脱衣所に移動した際の温度変化を軽減するために、暖房器具を置くなどの工夫をしましょう。
浴槽にお湯が溜まっている場合にはふたを外しておくと浴室の温度を上げることができます。また、一番風呂は浴室が十分に温まっていないので、なるべく避けるようにしましょう。


:leaf:お風呂の温度は低めに設定
お風呂の温度が42℃以上になると、心臓に負担をかけることが知られています。
41℃以上になると浴室での事故が増えると報告されているので、38~40℃に設定して入浴することが勧められています。
また、入浴する際は手や足などの心臓から遠い場所にかけ湯をして体をお湯に慣れさせましょう。


:leaf:ゆっくりとお風呂から出る
お湯に浸かっているときは、体が温められ、血管が弛緩して血圧が低下しています。
その状態で急に立ち上がると、脳まで血を運ぶことができず、めまいを起こしたりすることがあります。お風呂から出る時はゆっくり立ち上がることを心がけましょう。
また、飲酒後は血圧が下がることが知られていますので、飲酒後の入浴は避けましょう。



これらのポイントを意識して生活してみるのはいかかでしょうか?:-D


薬剤師 たていし

Posted : phstaff01 (2018年10月22日)

コメントを書く

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh::beginner::bomb::exult::home::kiss::leaf::mail::memo::pen1:


captcha image, to tell computers and humans apart.

 

ページの先頭に戻る