:roll::roll:の話:!!:

油の種類

脂肪酸は、不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸に分類されます。

不飽和脂肪酸

  オメガ9(オリーブ油・キャノーラ油など) ※体内で合成される。

  オメガ6(大豆油・菜種油など)

  オメガ3(アマニ油・青魚・ナッツ類・えごま油など)

飽和脂肪酸
  
  飽和脂肪酸(バター・ラード・牛や豚の脂身) ※体内で合成される。

  オメガ3とオメガ6は体内で合成されない為、食事から摂取する必要があります。

  特にオメガ3は、食の欧米化にともない不足しがちです。

オメガ3とオメガ6の摂取方法

オメガ3は、血栓予防や血圧を下げたり、アレルギー抑制などの働きがあると言われていますが、なかなか摂取するのが難しい不飽和脂肪酸です。

オメガ6は、細胞膜を作ったり、ビタミンの吸収など、人間に不可欠な栄養素ですが、摂りすぎるとオメガ3と逆の効果で、血栓を作ったり、血圧が上がったり、アレルギーを起こしたりと悪影響を及ぼすと言われています。

大切なのは摂取バランスです!

 ①オメガ3は熱と酸化に弱い為、生(新鮮)の状態で摂取する。
  (魚は生食が好ましく、油も冷蔵庫で保管し早く使い切る。)
 ②1日摂取目安量 オメガ3は2.2~2.6g以上  オメガ6は10g未満
  (オメガ3:オメガ6=1:4を心がける。例 アマニ油小さじ1、大豆油小さじ4)

☆オメガ6は、食生活が欧米化している私達には身近な油で、
 現在のオメガ3、オメガ6の比率は1:10~50と、オメガ6が過剰に摂取されているので、

   オメガ6を減らし、オメガ3を意識して摂取しましょう。

効率よくオメガ3を摂取!


簡単ドレッシング【1人分】

☆★材料★☆
   ● アマニ油・・・・・小さじ1(※オメガ3が1日量とれます。)
   ● ポン酢・・・・・・小さじ
   ● くるみ又はアーモンドをお好みで

☆★作り方★☆
    くるみ(アーモンド)はくだいておく。
    あとは、全ての材料を混ぜるだけ!!!


  ※油は1gあたり9kcalあるので、摂り過ぎに注意。
  ※ナッツ類は塩分の少ないものを選ぶ。

関連商品

つつじ薬局オススメ商品

 つつじ薬局オリジナルサプリメント

イチョウ葉&オメガ3+ビタミン

サーモン由来のオメガ3配合
脳の血流を良くし、物忘れや血栓予防などにいいと言われています。
「うっかり」が増えた方、勉強を頑張っている方、考える仕事が多い方におすすめです。


    30粒入り(約2週間分) ¥2,838+税

    60粒入り(約1か月分) ¥4,267+税