⋆カボチャ⋆
この時期から甘さがぐんと増して美味しくなるカボチャ。
カボチャには3大抗酸化ビタミンと呼ばれるβーカロテン(ビタミンA)、ビタミンE、ビタミンCが豊富なほか、カリウム、食物繊維など、健康に必要な栄養素もたくさん含まれています。
今月はそんなカボチャについてのお話です。

+++名前の由来+++

一説によると、カボチャが日本に伝えられてのは1540年頃でカンボジアから来たため「カボチャ」の名が付いたと言われています。

+++種類+++

大きく分けて3種類あり、粘質で甘みが弱い『日本カボチャ』と甘みが強く最も栄養価が高いと言われている『西洋カボチャ』、淡白な味で形がユニークな『ペポカボチャ』があります。
市場では主に『西洋カボチャ』が流通しています。

+++栄養+++

βーカロテン(ビタミンA)・ビタミンC


抗酸化作用により粘膜や皮膚の抵抗力を高め、細菌感染を予防すると言われています。

ビタミンE


血行を促進し、体を温める効果があると言われているため、血行障害による肩こりや頭痛、冷え性の緩和効果が期待できます。

◎調理のポイント◎
その①:βーカロテン(ビタミンA)や食物繊維は実よりも皮やワタに多く含まれているため、皮やワタごと調理するのがオススメです☆
その②:βーカロテン(ビタミンA)やビタミンEは脂溶性ビタミンと呼ばれており、油と一緒に調理すると吸収率がアップします☆

注意❢❢
カボチャはカロリー、糖質が多いため、食べ過ぎや砂糖、油の使い過ぎには注意しましょう!!
<参考>カボチャは100gあたりのカロリー:91Kcal、糖質17.1g

カボチャの皮を使ったレシピ~カボチャきんぴら~

<材料>2人分
カボチャの皮:1/4個分
人参:カボチャの皮と同量分
ごま油:適量
いりごま:適量
☆調味料☆
砂糖:小さじ2
水:大さじ3
醤油:小さじ2
和風顆粒だし:適量

<作り方>
①カボチャの皮と人参を千切りにし、ごま油をひいたフライパンに具材を入れて軽く炒める。
②調味料を加えて中~強火で一気に炒め煮する。
③汁気がなくなったらいりごまをかけて完成♫

余った皮を有効活用できてしかも栄養たっぷり✰

関連商品

つつじ薬局オリジナルサプリメント
GABA
北海道産の新鮮なカボチャを加工した高純度GABAを使用しています✰
最近ストレスを感じるなぁ・・・という方にオススメです❢❢
1日2~3粒 60粒入り(約1カ月分)¥3,790+税