カツオには1年に2回旬があり、4~5月にかけて獲れるものを『初ガツオ』
8~9月にかけて獲れるものを『戻りガツオ』と呼びます。江戸時代には
「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」と俳句に詠われ、縁起の良い春の初物として食べられていました。


◎注目の栄養素

・ビタミンB12

「赤いビタミン」とも呼ばれ、赤血球を作るのに必要なビタミン。
鉄とともに貧血には欠かせない栄養素です。


・ナイアシン

糖質・脂質・タンパク質の代謝に必要な栄養素。二日酔いの予防、皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあると言われています。

・EPA(エイコサペンタエン酸)

コレステロールや中性脂肪を下げ、血流や血管を健康に保つと言われています。

・DHA(ドコサヘキサエン酸)

記憶力・学習能力の向上に役立つと言われています。

◆オススメの組合せ◆

★ カツオ+カレー(ナイアシン+クルクミン)
ナイアシンとクルクミンは二日酔いの予防に効果があると言われています。カレー粉を使って竜田揚げなどにすると臭みも少なくなりオススメです。

★ カツオ+タマネギやニンニク(ビタミンB1+アリシン)
カツオのたたきなどに添えられるタマネギやニンニクのアリシンは、疲労回復に役立つビタミンB1の吸収を助けます。

★ カツオ+レモンやネギ、トマトなど(鉄+ビタミンC)
ビタミンCは鉄の吸収を助けます。レモンの他にも、ネギなどの薬味やトマトなどの他の野菜と一緒に食べることで効率よく鉄を摂ることができます。