☆...真っ赤なトマトのひみつ...☆
ヨーロッパでは「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるようにトマトの鮮やかな赤い色には体にうれしいパワーがギュッと詰まっています。ハウス栽培で年中出回っていますが、おいしい時期は7~8月です❢

✿トマトの赤い色✿

*生活習慣病のガードマン「リコピン」
トマトの鮮やかな「赤い色」はカロテノイドのひとつであるリコピン色素。強い抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去してくれる働きがあるといわれています。
リコピンの抗酸化力はβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍❢❢

*リコピンの吸収をアップさせる調理法
リコピンは油にとけやすいため、油を使った調理法によって吸収が高まります。また熱にも強いのでオリーブオイルと一緒に炒めたり、トマトソースやシチューなどの煮込み料理におすすめ。トマトジュースや水煮缶など加工品を利用するのも良い方法です。加工品には塩分が多く含まれているものもあるので使いすぎには気をつけましょう。

✿トマトのおいしさ✿

トマトは『うま味成分』である、グルタミン酸とアスパラギン酸の宝庫❢
果肉よりも種の周りのゼリー部分に多く含まれています。

✿トマトの主な品種✿

◇◆もも色系トマト◆◇
・皮が薄く半透明色
・果肉がやわらかい
・主に生食用

◇◆赤色系トマト◆◇
・皮が硬い
・香りが強い
・主に加工用品

◎日本で収穫される約8割がもも色系トマトです。

関連商品

*★*☆おすすめサプリメント*★*☆
~紫外線対策~
・コエンザイムQ10 60粒 ¥3,980
・ビタミンフォーミュラ 15粒 ¥1,600
・ビタミンC 7包 ¥980


つつじ薬局オンラインショップからもご購入できます♪♪

宅配クック123の伝言掲示版

♬7月のトマトメニュー♬
『鶏肉と冬瓜のトマトソース』