★春野菜★
近年では、ハウス栽培の普及で一年を通して、ほとんどの野菜が手に入るようになりましたが、やはり収穫時期の季節に合ったの野菜が、いちばんおいしいですね。
ビタミンやミネラルなどが、たっぷり含まれている春野菜をたくさん食べて、体に栄養と活力を与えましょう。

-*-*-*新たまねぎ*-*-*-

【目利き】
・表皮がよく乾いたツヤのあるもの。
・表面が白すぎないもの。
【保存方法】
・涼しいところがあれば、ネットに吊るしておく。なければ新聞紙に包んで冷蔵庫へ。

-*-*-*春キャベツ*-*-*-

【目利き】
・葉の巻きがゆるやかで、みずみずしいもの。
・芯が高めのもの(3分の2まで)
【保存方法】
・カットされたものは早めに使いきる。
・丸ごとのものは、芯をくり抜きポリ袋や新聞で包み冷蔵庫へ。

-*-*-*菜の花*-*-*-

【目利き】
・緑色が濃く、つぼみがかたく締まっているもの。
・葉、茎がやわらかく、みずみずしいもの。
【保存方法】
・長く保存したい時は、茹でて塩漬けに。

-*-*-*さやえんどう*-*-*-

【目利き】
・豆が小さく生育していない薄いもの。
【保存方法】
・乾燥しないように野菜保存袋にいれて冷蔵庫へ。(1週間くらい)

-*-*-*アスパラガス*-*-*-

【目利き】
・穂先がかたくしまっているもの。
・茎の切り口に変色がなく乾燥していないもの。
【保存方法】
・乾燥しやすいのでラップに包んで冷蔵庫へ。

関連商品

スタッフブログはじめました。
是非覗いてみてください♪♪

「つつじ薬局スタッフのあれやこれやのつぶやき~めざせ栄養110番~」

宅配クック123の伝言掲示版

春メニュー♪

若竹煮
たんぱく質が豊富でビタミンB1・B2、ミネラルを含みますが、食べ過ぎが原因でアレルギーに似た症状を起こすことがあります。
食べ過ぎには注意しましょう。