紫外線対策を忘れずに

桜花爛漫の季節となりました。
お花見に行かれた方も、計画している方もいらっしゃると思います。
薄紅色の桜を眺めているだけで優しい気持ちになりますね:oops:

お昼のお花見に要注意なのが、紫外線です:roll:

4月の紫外線はピーク時の約9割と強くなっています。
null

4月は過ごしやすい季節なので、夏に比べると日差しの強さを実感しにくいものの、紫外線は非常に強い時期に入っています。

「いったい紫外線の何がどう悪いの?」

私たちの肌に直接影響を与える紫外線はUVAとUVBの2つがあります。
UVAは皮膚の深い部分まで届きシミや肌のたるみを引き起こします。
UVBは皮膚の表面に吸収されてシミやソバカスを作り出すメラニンをためることになります。

紫外線には、良いところも悪いところもあります:mrgreen:

■紫外線の良いところ
・気分の爽快感、生体のリズムの調整。
・殺菌効果。
・ビタミンDの生成、カルシウムの吸収促進。
■紫外線の悪いところ
・肌の老化(シミやシワ)、日焼け。
・目への影響(白内障)。
・熱中症を起こす。

心身の健康や身体づくりの面からも紫外線は不可欠です。
上手に紫外線と付き合いたいですね。

紫外線から肌を保護するための対策についてです:pen1:
紫外線対策は、年間を通して曇りの日でも冬でも行う必要があります。

「日焼け止め」をこまめに塗り直すことをお勧めします。
日焼け止めを落とすことも大事なスキンケアです。
日傘、帽子、サングラス、衣類(カーディガンなど)のアイテムを使いましょう:star1.0:

赤ちゃん、子どもほど紫外線の影響を受けやすいので、
朝10時~14時の紫外線の強い時間帯は外出の時に気を付けましょう。
全体につばがある帽子をかぶらせる。
日焼け止めは低刺激の製品がお勧めです:wink:

つつじ薬局では赤ちゃんの肌に安心して使い続けられるよう、ドゥーエ ベビープラスを販売しています。
低刺激で紫外線や乾燥から肌を守ってくれます。

1554701404.JPG



赤ちゃんにどんな日焼け止めを使ったらいいのか分からない、そういう親御さんにぴったりのスキンケア商品ですので、一度試して下さい。

しっかり、紫外線対策をして満開の桜を楽しみましょう:wink:

1554784755.jpg

薬剤師こばやし

Posted : phstaff01 (2019年04月08日)

コメントを書く

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh::beginner::bomb::exult::home::kiss::leaf::mail::memo::pen1:


captcha image, to tell computers and humans apart.

 

ページの先頭に戻る