梅雨の時期を快適に!

梅雨のじめじめとした日々が続いていますね:|

梅雨から夏場にかけてもっとも湿度があがるこの季節、
湿気は家の中にさまざまな影響を及ぼします:-(

飽和状態となった行き場のない空気中の水分は、窓や床などに溜まってしまい、
結露・カビ・ダニの発生に繋がってしまいます・・・:[]

そうなる前の対策が大事:**:
今回は湿気対策を紹介したいと思います:-o:!!:



:leaf:新聞紙:leaf:
新聞紙は材質が粗くデコボコになっているので、湿気を吸いやすくなっています。
押し入れやクローゼットの隙間に入れておき、しめってきた頃が交換のタイミングです:wink:

小さい頃、雨で濡れた靴の中に、母が新聞紙を入れて乾かしてくれていたのを
思い出しました:roll:
濡れた靴の下に新聞紙を敷いて、丸めた新聞紙を靴の中にいれ風通しのよいところに
おいておくと、新聞紙が湿気を吸って早く乾くと言っていました:-o:star1.0:



:leaf:重曹:leaf:
重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、消臭効果と湿気を吸収する吸湿効果があると
言われています:**:

重曹をそのまま空ビンなどに入れて、下駄箱などにおいておくと除湿してくれます。
また、精油を数滴落として軽く混ぜるだけで、お好みの香りの除湿剤としても使えますね:!!:

1529477233.jpeg

抗菌作用のあるとされているティートゥリーや、レモングラス、ラベンダーなどの精油
を使うと、カビなどの発生を防ぐこともできます8-|

重曹が湿気を吸って塊ができてきたら、交換のタイミングです。
使い終わった重曹は掃除などで使え再利用できる点もいいですね:oops:


様々な工夫をしていや~な梅雨の季節をのりこえたいですね:):heart:


栄養士 なかがわ

Posted : phstaff01 (2018年06月20日)

コメントを書く

:wink::lol::cry::evil::twisted::roll::idea::arrow::mrgreen::):-(:!::?::oops::-o:-D8-|8-):??:x::-P:|:ase::[]=:[:chin::hahaha::!!::heart::**::!!!::*o*::star1.0::star0.5::star0.0::ahhh::beginner::bomb::exult::home::kiss::leaf::mail::memo::pen1:


captcha image, to tell computers and humans apart.

 

ページの先頭に戻る